毛髪

ノコギリヤシでdht抑制

男性の身体を男性らしく保っているのは、体内に女性ホルモンではなく男性ホルモンがメインとして存在しているからです。
この男性ホルモンは決して一種類ではなく、数種類存在しています。
中には悪性とも言える存在のものもあり、「ジヒドロテストステロン」は過剰分泌させてはならないというのが最近の研究での定説です。
ジヒドロテストステロンは増えすぎると、前立腺肥大や頭皮へのダメージを招くと言われており、出来る限り投薬やサプリメントで抑制するのがベストとされています。
では、どうしてジヒドロテストステロンは発生してしまうのでしょうか。
それには男性ホルモンのメカニズムを知ることが先決です。

男性ホルモンには元々「テストステロン」という種類があります。
このテストステロンは決して悪性なわけではありません。
しかし、テストステロンに働きかける成分によって、悪性であるジヒドロテストステロンに変化してしまうのです。
この成分は「5αリダクターゼ」と呼ばれているもので、強力な酵素のパワーで良性の男性ホルモンを変化させてしまいます。
そこで、ジヒドロテストステロンそもそも発生させないためにも、5αリダクターゼを活躍させないように抑制することが大切です。
ノコギリヤシの果実の成分は、古代から男性の泌尿器系の治癒に効果があると理解されてきました。
そこで、ノコギリヤシは男性ホルモンの過剰分泌が原因である抜け毛治療の研究に応用されてきたのです。

なぜ効果があるのか、という研究が進められた結果、5αリダクターゼの発生を抑えてくれることがわかりました。
つまりノコギリヤシを飲むことが健康へのパスポートだったのです。
悪性の男性ホルモンがあまりに増えすぎると、前立腺肥大の拡大につながってしまうので、早期のケアが肝心です。
以前は外国産ですしなかなか手に入りにくかった成分ですが、最近ではノコギリヤシサプリメントとして広く流通するようになりました。
いつでもどこでも飲める手軽さです。