【ノコギリヤシ徹底活用!】本当に満足できる製品を比較・厳選しました!
メインイメージ

妊娠中・授乳中のノコギリヤシ摂取は注意が必要

ノコギリヤシは男性向けのサプリメントとしてすでに広く認知されてきていますが、抜け毛や薄毛に悩む女性にも少しずつその効果が知られてきました。
すでにノコギリヤシサプリを愛飲している女性もかなりの数存在していることでしょう。
ノコギリヤシが薄毛や抜け毛に効果があるのは、男性ホルモンの作用による(頭皮にとっての)悪影響を抑止するためです。
ですから、女性が抜け毛や薄毛対策としてノコギリヤシ摂取をする場合はその点を踏まえたうえで摂取するしないを判断しましょう。

女性がノコギリヤシサプリメントを摂取するにあたって、注意が必要なのは妊娠の前後や授乳の期間にノコギリヤシサプリを摂取することです。
先ほどお伝えしたように、ノコギリヤシは男性ホルモンの分泌やその作用に影響を与えるものですから、妊娠や授乳を通じて胎児や赤ちゃんに重大な影響を与える可能性があるのです。

ノコギリヤシは「5αリクターゼ」という酵素に働きかけてジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一つの生成を抑制します。
ノコギリヤシのこの作用が薄毛対策として期待されているのですが、胎児にこの影響が及んでしまうと、大変なことになります。
妊娠期間を通じてお腹の胎児は母体を通じて性ホルモンを浴び続けます。
自然のバランスであれば一般的に体の外見上の性別と心や脳の性別は一致するのですが、サプリメントによって意図的に母体の男性ホルモン量を抑制してしまうと胎児の時代に本来浴びるべき男性ホルモン量が不足してしまい、外見上の体の作りと、心や脳が認知する性が一致しなくなってしまう可能性が高まってしまうのです。

授乳においても同様です。
母乳を通じてノコギリヤシを赤ちゃんに与えることになってしまいます。
ですから妊娠の可能性がある女性の場合、妊娠中、そして産後の授乳が完全に終わるまではノコギリヤシの摂取は控えたほうがよいのです。

トップに戻る