【ノコギリヤシ徹底活用!】本当に満足できる製品を比較・厳選しました!
メインイメージ

髪や前立せん肥大に効くノコギリヤシとは

30代や40代になると、抜け毛や薄毛が気になり始める男性は多いでしょう。
頻尿になり、睡眠不足になりがちという男性も増えてくるかもしれません。
こういった男性特有の悩みにはノコギリヤシが効きます。
これは、北米に生息する植物のことで、もともとは原住民が自分たちの健康維持に使っていました。
薬効があることを発見したのも彼らで、乾燥させて服用し、精力の回復などに役立てていました。
医薬品として目を付け出したのはヨーロッパの国々で、フランスやイタリア、ドイツなどの医療先進国が、いくつかの有効成分を治療に採用し、現在のように普及させてきました。

そのノコギリヤシの主な有効成分としては、遊離脂肪酸やβシトステロールが挙げられます。
遊離脂肪酸は、脂肪をエネルギーに変える働きがあります。
脂っこいものばかりを食べていると、皮脂の分泌が増えるため毛根が詰りやすくなります。
特に、あまり質の良くない油を使って調理をすると、皮脂は過剰に分泌されて抜け毛や薄毛を促進させます。
遊離脂肪酸は、皮脂が身体を動かすための原動力となり、過剰分泌を抑えたり、毛根の詰りを軽減させたりする効果があります。

βシトステロールは、女性ホルモンに作用するコレステロールに似た働きをします。
頭髪が生えるのは女性ホルモンが作用しているからで、加齢によって分泌が減ると抜け毛や薄毛になります。
また、前立せんの疾患もホルモンのバランスが崩れることで起きます。
βシトステロールを摂ることで、髪と頻尿の両方の悩みに作用するため、それを含むノコギリヤシは男性にとっておすすめの成分なのです。

トップに戻る