【ノコギリヤシ徹底活用!】本当に満足できる製品を比較・厳選しました!
メインイメージ

意外と知られていないノコギリヤシ

ノコギリヤシは加齢による男性特有の悩みを改善する効果があり近年注目されている成分です。
そのため健康食品やサプリメントとしてドラッグストアやスーパーなどで目にすることが多くなりました。
しかし、そもそもノコギリヤシは日本には生息していない植物のため、私たち日本人にとっては聞き慣れない植物名であるともいえます。
未だ知らない人も多いようですのでノコギリヤシの歴史についてお話します。

ノコギリヤシは北米のインディアンがその効果効能に気づき古くから食用として活用していました。
北米・中南米を原産地とするヤシ科シュロ属のハーブの一種で主に海岸地の砂丘に生息しています。
触ると皮膚を傷めるほどのギザギザとした尖った葉を持つことから英語では「ソウパルメット」と呼ばれています。

中国でも尿疾患の改善に漢方薬として用いられたといわれています。
約200年前にはノコギリヤシを煎じたお茶が前立腺肥大症の治療薬として使用されました。

その後、前立腺肥大症のみならず、利尿作用や鎮静効果もあることがわかり民間薬として重宝されるようになりました。
1960年代にはいると、これらの有効成分はノコギリヤシの赤い実に含まれる油性物質にあることが確認されました。

1990年にはフランスのシャンポール博士が前立腺肥大症の改善に効果があると学会で発表したことをきっかけにヨーロッパ全体での認知度が一気に高まりました。
今日に至ってもノコギリヤシの評価は非常に高く、特にドイツをはじめとするヨーロッパでは医薬品として積極的に治療に用いられています。

トップに戻る