【ノコギリヤシ徹底活用!】本当に満足できる製品を比較・厳選しました!
メインイメージ

頻尿で眠れない時にはノコギリヤシが効く

50代以降、頻尿になる男性が増えています。
日中ならまだしも、夜中まで何度もトイレに行きたくなるという人もいます。
トイレの回数を減らしたい人は、ノコギリヤシを摂ってみると良いでしょう。

ノコギリヤシとはヤシ科の植物で、北米やメキシコに自生しています。
古くはインディアンたちが滋養強壮に活用していて、医療界が注目したことで医薬品として採用されるようになりました。

ノコギリヤシに含有する男性におすすめの成分としては、遊離脂肪酸やステロール類があります。
遊離脂肪酸とは身体を動かすためのエネルギーとなるもので、体脂肪が分解された時に血中に放たれる脂肪酸です。
中性脂肪を分解することで生まれる成分なため、ダイエットにも有効で、筋肉や体内の器官に存在するミトコンドリアに取り込まれてエネルギーとなり燃焼されます。

遊離脂肪酸が頻尿に効く理由は、これの一種であるオレイン酸やミリスン酸が作用しているためです。
頻尿は、ホルモンと酵素が結合して、前立せん細胞を増殖させるジヒドロテストテロンが生成されることで起こります。
遊離脂肪酸は、ホルモンと酵素の結合を防ぐ働きがあり、前立せん肥大を抑えて頻尿を減らすことができます。

ステロール類は、細胞膜を作るための成分で、ホルモンやビタミンの原料になるものです。
前立せんの肥大は男性ホルモンであるテストステロンが急激に減ることでも起こるので、崩れたホルモンのバランスを整えるという意味で、症状の改善につながります。

頻尿は男性版更年期障害と言っても良いでしょう。
誰にでも起こる可能性があるため、予防として摂っておくこともおすすめです。

トップに戻る