【ノコギリヤシ徹底活用!】本当に満足できる製品を比較・厳選しました!
メインイメージ

ノコギリヤシと男性特有の脱毛症との関係

ノコギリヤシといえば前立腺肥大や頻尿の改善、精力アップなど男性の悩みに効果があるとして有名ですが、最近では薄毛や脱毛症といった髪のお悩みにも効果があるとして期待されています。
加齢とともに男性に多くみられる薄毛や脱毛症状は主に男性ホルモンが関係しているといわれています。

これらの症状で医療機関にかかった場合は「フィナステリド」という薬を一般的に処方されることが多いです。
フィナステリドは薄毛や脱毛症の原因となる男性ホルモンを抑制する働きがあります。
実はノコギリヤシにもフィナステリドと似た作用をもつことがわかっています。

ノコギリヤシはフィナステリドと違いヤシ科の植物で天然成分です。
そのため作用はゆっくりですが、医薬品で心配される副作用がほとんどありません。
近年では多くの医師からも信頼され始めています。

但し、薄毛や脱毛症の原因はいくつかの要素から成り立っているので、ノコギリヤシが効果を発揮する場合とそうではない場合とあります。
例えば、頭皮の血流の滞りや過剰な皮脂の分泌など皮膚環境の問題、毛母細胞の機能低下や髪の毛に必要な栄養素(たんぱく質、ビタミン、ミネラル)が不足しているなどの場合はノコギリヤシを用いても効果は期待できません。
ノコギリヤシが力を発揮するケースは、頭のてっぺんや前髪の生え際といった男性特有の脱毛症状です。
これらの理由からノコギリヤシは女性の薄毛や脱毛症にはあまり期待できないといわれています。

ノコギリヤシを服用する際のポイントはなんといっても亜鉛です。
髪の毛はほぼたんぱく質でできていますがたんぱく質だけでは髪の毛は形成されません。
たんぱく質は亜鉛の力を借りて髪の毛を作り成長させます。
またノコギリヤシが男性ホルモンを抑制する際の手助けをするのも亜鉛です。
効果を十分に発揮するには同時に亜鉛を摂取することが大事です。

薄毛や脱毛症の原因を見抜いて賢く上手にノコギリヤシを取り入れて、薄毛や脱毛症の悩みを解消しましょう。

トップに戻る